So-net無料ブログ作成

永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 和風 洋風 極



永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 和風 洋風 

まさに長い道のり...。



はじまりは、曹洞宗の宗祖・道元の1200(正治2)年誕生...。


幼時に父母を亡くしたゆえ仏教への志が深く、14歳で当時の仏教の最高学府である比叡山延暦寺に上り、仏門入りするも、「天台の教えでは、人は皆生まれながらにして、本来悟っている(本覚思想)はずなのに、なぜ厳しい修行をしなければ悟りが得られないのか?」という強い疑問に...。

やがて、日本臨済宗の宗祖である建仁寺の栄西に教えを請いたいと思うも、出家2年後に既に永眠。


比叡山を下りて、1217(建保5)年に建仁寺入り、栄西の直弟子である明全に師事するも、ここでも疑問に対する答えは得られず、真の仏法を学ぶには宋(中国)で学ぶしかないとの考えから、明全とともに1223(貞応2)年に渡宋。

天童山景徳寺の如浄への入門と修行を経て、約4年余ののちに帰国...。

帰国当初に建仁寺に住し、のちには深草(京都市伏見区)に興聖寺を建立して説法と著述に励むも、旧仏教勢力の比叡山からの激しい迫害に...。


やむなく、旧仏教側の迫害を避け、新たな道場を築くため、信徒の1人であった越前国(福井県)の土豪・波多野義重の請いにより、1243(寛元元)年に興聖寺を去り、義重の領地のある越前国志比庄に...。

当初、義重からの白山信仰に関連する天台寺院・吉峰寺への招きあって、雪深い山中でのひと冬を過ごした翌年1244(寛元2)年、里に近い土地に傘松峰大佛寺を建立。すなわち永平寺の開創...。


1246(寛元4)年、山号寺号を吉祥山永平寺と改名。


(相変わらずの長文になってしまいましたけど...)


この長きにわたる紆余曲折から、いにしえから現代そして未来に通ずる精進料理のみならず、携行食糧としても大いに重宝されたんだろうなあ。

"永平寺禅どうふの郷"としての『幸家』の"ごま豆腐"...。


すなわち、福井県吉田郡永平寺町諏訪間の『幸伸食品』での、レトルト殺菌していない"生"に近いごま豆腐【永平寺ごま豆腐 お徳な12個入り(6個×2セット)】が...。


いわゆる、独自製法により、なめらかでとろけるような食感が絶品で、水は地下100mの白山伏流水、葛は吉野本葛の最上級品「みゆき印」、ゴマは独自でブレンドした練り胡麻を使用。

しかも、付属の甘辛いタレ味噌すなわち"赤味噌だれ"は、かなり甘めなものの、これもまた美味しく相性抜群とあって、すごい弾力でもちもちの食感とともに、まるで西洋のスイーツそのもの...。


ただ、ほのかな甘みと、濃厚な旨みは、白・黒ともあまり違いのないよう...。

それでも、口にすると心も身体も 綺麗になっていく気がするから、まさに不思議なひとときに...。


何よりも、常温保存できるのが嬉しいや。

やはり冷蔵庫の野菜室が一番だ。

もちろん、賞味期限40日を常に意識して...。



いずれによ、夏の涼のひとつとしても、末永く大切にしたいものだから...。


和風としても洋風としても、四季を問わない、"お・も・て・な・し"にふさわしい宝物であることを祈って...。

寺号の由来である、中国に初めて仏法が伝来した後漢明帝の代の元号「永平」からの「永久の和平」という意味合いとともに....。


お膝元ある福井県吉田郡の地域活性化、永遠に続く予感の強まり...。


まさに極上...。

タグ:和風 冷蔵庫 便利 極上 白ごま 予感 賞味期限 地域活性化 永遠 永平寺 おもてなし 大切 精進料理 使用 黒ごま ごま豆腐 洋風 野菜室 40日 常温保存 永平寺ごま豆腐 幸家 吉野本葛 お・も・て・な・し 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 永平寺 ごま豆腐 吉野本葛使用 幸家 永平寺 ごま豆腐 幸家 吉野本葛使用 永平寺 ごま豆腐 永平寺禅どうふの郷 禅どうふの郷 永平寺禅どうふの郷 幸家 永平寺禅どうふの郷 ごま豆腐 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 徳用12個入り 徳用12個入り 永平寺ごま豆腐 お徳な12個入り(6個×2セット) 永平寺ごま豆腐 お徳な12個入り お徳な12個入り 福井県吉田郡永平寺町諏訪間 幸伸食品 幸家の精進料理 永平寺 ごま豆腐 幸家 禅どうふの郷 幸家 精進料理 永平寺 精進料理 永平寺 ごま豆腐 精進料理 永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 福井県吉田郡 地域活性化 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 福井県吉田郡 福井県吉田郡 永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 和風 洋風 極 永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 和風 永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 和風 極 永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 洋風 永平寺 ごま豆腐 幸家 精進料理 洋風 極 携行食糧 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 白ごま 黒ごま 徳用12個入り 和風 洋風 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 白ごま 黒ごま 徳用12個入り 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 白ごま 黒ごま 徳用12個入り 和風 永平寺禅どうふの郷 幸家 ごま豆腐 白ごま 黒ごま 徳用12個入り 洋風
2016-05-30 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 羽ばたけ高く、羽ばたけ強く All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます